« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月28日 (月)

多数決を疑う

「多数決を疑う 社会的選択理論とは何か」坂井豊貴:著(岩波新書)

 「多数決」という手法は、学校で真っ先に習う、集団の意志決定の方法ではないでしょうか。集団が多数意見に従うというのは、意見合理的な判断であるように感じます。

続きを読む "多数決を疑う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

窓を広げて考えよう

「窓をひろげて考えよう 体験!メディアリテラシー」下村健一:著 艸葉よしみ:企画/構成(かもがわ出版)

 メディアリテラシー教育について、書籍の執筆だけでなく、様々な取り組みをしている下村健一さんによる絵本です。本書を貫くキーワードは3つ。
「まだわからないよね?」
「他の見え方もないかな?」
「隠れているものはないかな?」

続きを読む "窓を広げて考えよう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

総合教育技術 2017年 09 月号

「総合教育技術 2017年 09 月号」(小学館)

 今月の総力大特集は「新学習指導要領が求める『主体的・対話的で深い』授業の具体像」です。学習指導要領の総則や各教科に示された内容について、識者が解説していく構成になっています。

 総則について述べているのは、無藤隆先生。中央教育審議会の教育課程部会をとりまとめた方です。この記事の冒頭には次のように書いてありました。

 新学習指導要領の実施に向けて、私が教育委員会や管理職にお願いをしたいのは、まず教員の業務の見直しです。現在、中央教育審議会で教員の「働き方改革」について議論が進められておりますが、教育課程部会からも業務軽減の要望が出ていました。

以下、業務軽減に対する提言が、約1ページにわたって書かれています。全部で4ページの記事の1ページですから、かなりの分量です。それだけ、今回の学習指導要領を成功に導くポイントが業務改善、業務軽減にあるということでしょう。実に重要な提言だと思いました。

続きを読む "総合教育技術 2017年 09 月号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

自閉症は津軽弁を話さない

「自閉症は津軽弁を話さない 自閉スペクトラム症のことばの謎を読み解く」松本敏治:著(福村出版)

 表紙の雰囲気やタイトルを見る限り、本書は、自閉症に関するちょっとした話題提供のエッセイのように見えます。しかし本書は、サブタイトルが「自閉スペクトラム症のことばの謎を読み解く」となっている通り、自閉症児の言語獲得に関するかなり本格的な研究書でした。

続きを読む "自閉症は津軽弁を話さない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

サルまん 2.0

「サルまん 2.0~サルでも描けるまんが教室 2.0~」相原コージ/竹熊健太郎:著(小学館クリエイティブ)

 本書のタイトルにある「サルまん」というのは、バブルの真っ最中に『ビッグコミックスピリッツ』で連載され、大いに人気をさらった『サルでも描けるまんが教室』の略称です。ギャグ漫画という体裁は整えつつも、漫画界の裏側やタブーに敢然と挑戦し、人気を博しました。当時スピリッツを定期購読していた私は、この「サルまん」から読み始めることも多かった覚えがあります。
 その新バージョンが発売されたということで、発売と同時に購入して読んでみました。

続きを読む "サルまん 2.0"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »