« ヒロのちつじょ | トップページ | 総合教育技術 2017年 10 月号 »

2017年9月11日 (月)

なぜ与太郎は頭のいい人よりうまくいくのか

「なぜ与太郎は頭のいい人よりうまくいくのか 落語に学ぶ「弱くても勝てる」人生の作法」立川談慶:著(日本実業出版社)

 少しでも落語に親しんだ人なら「与太郎」という言葉を聞いたことがあるでしょう。一般的には、賢くない上にドジで間抜けな登場人物として描かれています。しかし、その「与太郎」が「うまくいく」というのが本書のタイトル。その上、サブタイトルには「弱くても勝てる」となっています。


 しかし本書には、うまくいくための方法論が書かれているわけではありませんし、勝つためのやり方が書かれているわけでもありません。本書に書いてあるのは、実は与太郎に学ぶ考え方です。賢くない人から考え方を学ぶというのは一見矛盾しているように感じます。けれども、まさにその意外性こそが本書のポイントです。

続きは教職ネットマガジンにて

|

« ヒロのちつじょ | トップページ | 総合教育技術 2017年 10 月号 »

ビジネス書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/65777214

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ与太郎は頭のいい人よりうまくいくのか:

« ヒロのちつじょ | トップページ | 総合教育技術 2017年 10 月号 »