« オノマトペの謎 | トップページ | 総合教育技術 2018年 2月号 »

2018年1月15日 (月)

十歳のきみへ

「十歳のきみへ――九十五歳のわたしから」日野原重明:著(冨山房インターナショナル)

 著者の日野原さんは、2017年7月に惜しまれつつお亡くなりになりました。本書は、日野原さんが95歳になる年に書かれたエッセイで、2006年に刊行されています。本書の一部は、東京書籍の小学校国語教科書にも収録されているそうです。2017年7月には、72刷となっていますので、本書の人気ぶりがわかります。
 ではなぜ、十歳なのでしょうか。その答えは、本書の「はじめに」の前に位置づけられている、日野原さんの自伝的な詩にありました。5ページにわたって綴られているこの詩の一部(冒頭と最後の部分)をご紹介しましょう。

ぼくが十歳だった時のこと

ぼくの十歳の春
みんなが四年生に進級した時
ぼくは急性腎炎にかかって学校を休んだ
動くと悪いといわれたので
ぼくはまじめに仰向けに寝てばかりいた
(中略)
今 十歳になったきみたちに
ぼくは言いたい
ぼくにもきみたちのような十代があったことを
そしてぼくが今年十月 九十五歳になれそうなのは
ぼくがみんなから支えられてきたためだということを

ぼくは
安永先生のようなお医者さんになれたかしら
もしそうだとすれば
天国にいるお母さんやおばあちゃんが
きっと喜んでくれると思う

続きは教職ネットマガジンにて

|

« オノマトペの謎 | トップページ | 総合教育技術 2018年 2月号 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/66281787

この記事へのトラックバック一覧です: 十歳のきみへ:

« オノマトペの謎 | トップページ | 総合教育技術 2018年 2月号 »