« 新しい時代のお金の教科書 | トップページ | 本物の思考力 »

2018年9月 3日 (月)

コンビニ外国人

「コンビニ外国人」芹澤健介:著(新潮新書)

 コンビニエンスストアに行くと、外国の方が働いているのを見たことのある人は多いでしょう。むしろ、コンビニで外国の方を見たことがない人は、圧倒的に少ないと思われます。

 本書によれば、今や日本に住んでいる外国人の数は、年々増加しており、2017年6月末で247万人。これは名古屋市の人口を抜いて、京都府にも迫るほどの人数です。いわゆる「移民」を認めていない日本にこれだけ外国人が増えているのは、留学生や技能実習生の増加によるもの。
 では、彼らはなぜ日本を目指すのでしょうか。日本でどんな暮らしをしているのでしょうか。本書は、丹念な取材で、その問いに答えています。

続きは教職ネットマガジンにて

|

« 新しい時代のお金の教科書 | トップページ | 本物の思考力 »

教養書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/67121050

この記事へのトラックバック一覧です: コンビニ外国人:

« 新しい時代のお金の教科書 | トップページ | 本物の思考力 »