« アイスクリームが溶けてしまう前に | トップページ | サクッと書けちゃう!文章レシピ60 »

2018年11月 1日 (木)

ムカッ やきもちやいた

「ムカッ やきもちやいた」小泉るみ子:絵/ かさいまり:著(くもん出版)

 転校生の「あんり」ちゃんがやってきた日、主人公の「るい」ちゃんは、仲良しの「ふうこ」ちゃんが、「あんり」ちゃんと仲良くしているのを見て、「ムカッ」としてしまいます。その「ムカッ」は、何度かありました。
 それゆえ放課後、いつも一緒に帰っている「ふうこ」ちゃんの誘いを断って、一人で帰ってしまいます。そして後悔する「るい」ちゃん。
 なんで「ムカッ」ってするのかな? この気持ちなんだろう? と「るい」ちゃんは悩みます。

 こんな経験をした人は少なくないでしょう。おそらく子どもたちでも、小学校3~4年生になれば、1度や2度は、こんな経験をしていると思います。

 ですから「なんで「ムカッ」ってするのかな? この気持ちなんだろう?」という「るい」ちゃんの思いは、きっと共感的に読めることでしょう。大人だって、しばしばあります。
 この物語の結末はともかく、この「るい」ちゃんの抱いた「なんで?」を軸に、みんなで話し合えるといいかもしれません。

|

« アイスクリームが溶けてしまう前に | トップページ | サクッと書けちゃう!文章レシピ60 »

児童書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムカッ やきもちやいた:

« アイスクリームが溶けてしまう前に | トップページ | サクッと書けちゃう!文章レシピ60 »