« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月26日 (火)

阪神タイガース漢字ドリル

「阪神タイガース漢字ドリル」(PHP研究所)

 「うんこドリル」が大大大大ブレイクしてから、類似本がいくつか出ています。いちおう、教科書編集者だった経験から申しますと、「うんこドリル」はもちろん、その後出された「ドリル」には、漢字学習の用例としては疑問を感じる場合が少なくありませんでした。

 そんな「ドリル」に残念さを感じていたところへ、先日本書を書店の店頭で見かけました。「PHP研究所」という、どちらかというとお堅い出版社から出されています。うっかり1冊買ってしまったところ、これがなかなかの出来でした。

続きを読む "阪神タイガース漢字ドリル"

| | コメント (0)

2019年3月19日 (火)

総合教育技術2019年04月号

「総合教育技術2019年04月号」(小学館)

 今月は、新年度第一弾ということで、「2019年度年間計画&スタートダッシュ!特大号」と銘打たれています。

 まず巻頭インタビューは岡野雅行さん。サッカー元日本代表にして、現在ガイナーレ鳥取の代表取締役GMを務めています。高校時代からの経験を通じ「逆境でもあきらめずにやり続ければ、チャンスが来る」という言葉には説得力がありました。

総力大特集は、「あと1年!新学習指導要領 全面実施までのチェックポイント」です。新学習指導要領へ向けた情報共有の道筋や、各教科における移行のポイントが、識者によって語られていました。

 

続きを読む "総合教育技術2019年04月号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月18日 (月)

座右の古典

「座右の古典」鎌田浩毅:著(ちくま文庫)

 本書は、現代人の人生の指針となるような必読古典50冊を厳選し、その1冊ずつについて、ポイントを絞って解説した本です。この解説の手法が素晴らしく分かりやすくて感動します。
 取り上げられている50冊のそれぞれは、次のような構成で紹介されています。しかも、ほとんどの紹介文が7ページという短さ。名著の内容が楽に頭に入ってきます。

続きを読む "座右の古典"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月17日 (日)

万能研ぎ器ソリング

「プロビジョン 万能研ぎ器ソリング 赤・(黄) SOL-RY」

  この研ぎ器が気になったのは、商品案内に「包丁研ぎはもちろん、はさみも、爪切りもピーラーもみんな研ぐことができる」と書いてあったからです。これまで使ってきた包丁研ぎ器がぼろくなってきたことと、かなり気に入っているのに切れ味が悪くなっていたはさみと爪切りがあったので、この宣伝文句は刺さりました。
 価格は、それなりに高額だったものの、ものは試しと購入してみることにしました。

続きを読む "万能研ぎ器ソリング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月11日 (月)

なぜヒトは学ぶのか

「なぜヒトは学ぶのか 教育を生物学的に考える」安藤寿康:著(講談社現代新書)

 本書は、「学ぶ」という行為について、生物学的・遺伝学的・文化人類学的視点から考えた本です。とはいえ、著者の安藤さんは生物学者ではありません。教育心理学などを専門とする、教育畑の人。要するに、「教え・学ぶ」ということについて、生物学的・遺伝学的・文化人類学的視点から捉え直したといってもよいかもしれません。
 本書の帯(裏表紙側)には次のように書いてあります。

続きを読む "なぜヒトは学ぶのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 7日 (木)

やましたくんはしゃべらない

「こんな子きらいかな? (3)  やましたくんはしゃべらない」山下賢二:著/中田いくみ:絵(岩崎書店)

 こんなタイトルの本ですし、難しそうな男の子のイラストが表紙ですから、本書を見つけたときは、てっきり場面緘黙などの理由で話せない子のお話だと思っていました。しかし、実際には「話せない」のではなく「話さない」子のお話です。帯には、著者の山下さんのものと思われる手書き文字で「しゃべってたまるか」と書いてありました。

続きを読む "やましたくんはしゃべらない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 4日 (月)

5つの学習習慣

「5つの学習習慣―驚くほど子どもが勉強しはじめる」横藤雅人:著(合同出版)

 本書は、小学生のお子さんを持つ親向けの教育書です。「読者のみなさまへ」と題された、本書冒頭の文章には、次のようなことが書いてありました。

家庭学習の場面で、親がつい口走ってしまうことばが2つあります。ひとつは「勉強しなさい!」で、もうひとつは「何度いえばわかるの!」です。(中略)しかし、この2つのことばによって子どもが自ら学習するようになることはまずありません。(中略)では、どうすればよいのでしょう。(中略)自ら学習する子どもに育てる「別の考え方と方法」があるのです。この本には、その「別の考え方と方法」をたっぷりと紹介しました。

続きを読む "5つの学習習慣"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »