« 総合教育技術2020年01月号 | トップページ | の »

2019年12月23日 (月)

ことばの教育を問いなおす


ことばの教育を問いなおす ──国語・英語の現在と未来 (ちくま新書)」鳥飼玖美子・苅谷夏子・苅谷剛彦:著(ちくま新書)

 本書は「ことば」を的確に獲得するための道筋を、各界の専門家が「対書」にて明らかにしようとした本です。
 「対書」というのは「対話」のような形式をとりながら、文章をやりとりすること。著者の鳥飼氏は英語教育の専門家、苅谷夏子氏は大村はまの実践の研究家、苅谷剛彦氏は教育社会学の専門家。それぞれの専門に基づく知見がやりとりされる中で、互いにインスパイアされ「ことばを獲得するとはどういうことか」ということが、深まっていきます。それゆえ、昨今の新書では珍しい、252ページという、なかなかの文章量であるにも関わらず、最後まで興味深く読み進めることができます。

 

続きは教職ネットマガジンにて

|

« 総合教育技術2020年01月号 | トップページ | の »

教育書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 総合教育技術2020年01月号 | トップページ | の »