« の | トップページ | 「総合教育技術2020年02月号」 »

2020年1月20日 (月)

大学の問題 問題の大学


大学の問題 問題の大学」竹内洋・佐藤優:著(時事通信社)

 昨今、大学の問題は、入試改革の文脈で語られる傾向が多いです。しかし、大学でなぜ学び、何を学ぶのか、といったような本質的な議論は、あまり語られていないような気がします。
 本書は、そうした大学の問題にとどまらず、教育全般の問題、ひいては日本全体の問題について、大学教育に精通した碩学の二人が語り合った本です。

 

 対談の本というと、ちょっとぬるめのやりとりがなされるているケースも少なくない中で、本書は、問題に対する視点とその知識、そこからの分析が鋭くて、飽きさせません。「あとがき」において、竹内さんが「私は佐藤さんの発言の引き出し役に回ろうとしたのだが、佐藤さんの巧みな誘いで、引き出されてしまったところも多い」と書いている通り、二人のやりとりが相乗効果を生んでいる雰囲気がよく伝わってきました。

続きは教職ネットマガジンにて

|

« の | トップページ | 「総合教育技術2020年02月号」 »

教育書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« の | トップページ | 「総合教育技術2020年02月号」 »