映画・テレビ

2008年12月30日 (火)

テレビ放映とネットの利用

Tv 年末年始のつぶやき【その1】

本日より通常更新のほか、年末年始特集として、プチネタを1週間毎日ご紹介します。ご笑覧ください。

先週の23日~25日、このブログのアクセス数がいつもの2割ほどアップしていました。気になって、アクセス履歴を調べてみたところ、「甲子園への遺言」記事へのアクセスでした。多くの人が、「甲子園への遺言」というキーワードで検索して記事を閲覧したようです。

続きを読む "テレビ放映とネットの利用"

| | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

容疑者Xの献身

「容疑者Xの献身」東野圭吾著(文春文庫)

いやあ、久しぶりにうなりました。ミステリーは、これまでずいぶん読んできましたが、私の中で、本書はベスト1と言っても過言ではありません。読み始めからぐいぐい引き込まれ、寝るのも忘れて一気に読んでしまいました。

この作品が、直木賞受賞作だと言うことは知っていましたが、「そりゃ、賞くらい取るよなあ」と思いました。

続きを読む "容疑者Xの献身"

| | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

クライマーズ・ハイ

「クライマーズ・ハイ」横山秀夫著(文春文庫)

小説が売れると映画化され、映画化(ドラマ化)されると文庫が売れる、という図式は、このところ顕著になってきています。実際私も、本書を読もうと思ったのは、映画の評価が高かったからです。映画を見てから読むのでは魅力が半減するかと思い、まず読んでみました。

一読後、映画を見る前に読んで本当に良かったと思いました。本書の魅力の一つ、謎解きを味わえたことはもちろんですが、登場人物のイメージを自分の頭の中でかみしめることができたからです。それほど感動的な作品でした。

続きを読む "クライマーズ・ハイ"

| | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

刑事コロンボ

Colombo 「刑事コロンボDVDコレクション」(DeAGOSTINI)

ひっかかるまいと思えど秋の空。ついに手を出してしまいました。あのDeAGOSTINIに。二足歩行のロボットが作れるやつや、フェラーリのラジコンカーが作れるやつのテレビCMが流れるたびに、「くらっ」ときていたのですが、これまではなんとか我慢できていました。しかし今回はだめです。
やられたのは「刑事コロンボ」のシリーズ。最終的に数万円支払うことがわかっているのに、はまってしまったのは、少年時代、NHKしか見てはいけない家に育ったことが原因です。

続きを読む "刑事コロンボ"

| | トラックバック (0)