教育書

2019年11月18日 (月)

「グローバル人材育成」の英語教育を問う


「グローバル人材育成」の英語教育を問う (ひつじ英語教育ブックレット)」斎藤兆史,鳥飼玖美子,大津由紀雄,江利川春雄,野村昌司ほか著(ひつじ書房)

 昨今、学校教育における英語教育に関して、メディアで報道されることが増えてきました。
 「小学校における英語教育の教科化」「中学校・高校の英語授業の英語化」「大学入試英語への民間英語検定の導入」などなど。これらはすべて、2013年12月に文部科学省から発表された「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」という旗印の下で進められてきた教育政策です。

続きを読む "「グローバル人材育成」の英語教育を問う"

| | コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

「けテぶれ」宿題革命!

「けテぶれ」宿題革命! 子どもが自立した学習者に変わる!」葛原祥太:著(学陽書房)

 本書は、いわばビジネス書のような構成の教育書です。しかも、一見ノウハウ伝授のような説明手法を採りながら、実は考え方を示しています。
 どのあたりがビジネス書のようなのか。それはまず、タイトルにある「けテぶれ」です。これはビジネス界で言うところの、PDCAサイクルと言ってもよいでしょう。それぞれ、次のような意味です。

  • 「け」計画
  • 「テ」テスト
  • 「ぶ」分析
  • 「れ」練習

続きを読む "「けテぶれ」宿題革命!"

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

学校現場で今すぐできる「働き方改革」

 今はどこもかしこも「働き方改革」が真っ盛りです。関連書籍も多数出版されています。

 本書はサブタイトルに「目からウロコのICT活用術」とあることから、ICTが得意でない方は「私には関係ないな」とお感じになるかも知れません。

続きを読む "学校現場で今すぐできる「働き方改革」"

| | コメント (0)

2019年6月30日 (日)

実践教育法規2019

「実践教育法規2019 総合教育技術 増刊」(小学館)

 本書は毎年出されている、総合教育技術の増刊号です。書名の通り、教育法規全般をオーバービューしながら、時事的な話題も取り入れ、それぞれ実践的な解説を試みています。
 編集面で優れているのは、本書で取り上げられているすべての項目が見開き2ページで構成されていることです。しかも、ほとんどの解説には図版が設定されています。印刷も2色なので、ポイントが見つけやすい構成です。
 基本的には、学校リーダー向けの本だと思いますが、教員採用試験を目指す方にとっても役立つ内容があります。

続きを読む "実践教育法規2019"

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか! ?

「なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか! ?」日野田直彦:著(IBCパブリッシング)

 本書は、36歳の若さで大阪府立箕面高等学校に、民間人校長として着任した著者による、学校改革のあゆみ(4年間)をまとめた本です。改革した本人による執筆というのは、ビジネス書の世界ではかなり一般的ではあるものの、教育界では珍しいのではないでしょうか。
 ではなぜ珍しいのでしょうか。
 まず、公立学校の場合、先生方は公務員ですから守秘義務があり、それゆえ書けないということがあるでしょう。実際日野田さんも、本書は、箕面高校を退職後に出版されています。
 次に、教育界によくある「それは、そちらの学校だから(●●先生だから)できたんですよ」という考え方の存在です。こうした意見は、研究発表会などでもよく聞かれます。他者の貴重な経験や知見を、その場特有の特殊事情がそうさせているのだと考えてしまうのです。

続きを読む "なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか! ?"

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金)

まんがで知る未来への学び

「まんがで知る未来への学び――これからの社会をつくる学習者たち」前田康裕:著(さくら社)

 教職ネットマガジンでもたびたびご紹介して参りました「まんがで知る教師の学び」シリーズ。学校教育のこれまでとこれからについて、かなり重要な提言をなさってきました。
 今回の本では「教育」の範囲をさらに広げています。
それが、サブタイトルの「これからの社会をつくる学習者たち」ということの意味です。

 

 

続きを読む "まんがで知る未来への学び"

| | コメント (0)

2019年3月11日 (月)

なぜヒトは学ぶのか

「なぜヒトは学ぶのか 教育を生物学的に考える」安藤寿康:著(講談社現代新書)

 本書は、「学ぶ」という行為について、生物学的・遺伝学的・文化人類学的視点から考えた本です。とはいえ、著者の安藤さんは生物学者ではありません。教育心理学などを専門とする、教育畑の人。要するに、「教え・学ぶ」ということについて、生物学的・遺伝学的・文化人類学的視点から捉え直したといってもよいかもしれません。
 本書の帯(裏表紙側)には次のように書いてあります。

続きを読む "なぜヒトは学ぶのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月22日 (火)

Knowの「K」はなぜ発音しないのか?

「語源でわかる中学英語 knowの「k」はなぜ発音しないのか?」原島広至:著(KADOKAWA )

 英語の学習で難しい点はいくつかあり、その一つは間違いなく「この綴りはどう読むのか」問題でしょう。たとえば、本書にも事例として出てくる「hat」と「hate」。両者は、語尾に「e」が付くかどうかだけが違いなのに、読み方が大きく異なります。これはどうしてなのでしょうか。著者は、「はじめに」において、こんな風に書いています。

続きを読む "Knowの「K」はなぜ発音しないのか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

日本の公教育

「日本の公教育 - 学力・コスト・民主主義」中澤渉:著(中公新書)

 ここ数年、教育特に学校教育を巡る議論は、ずいぶん盛んになってきています。小学校の英語教育やプログラミング教育、高等教育の無償化や学力問題、学校給食・子ども給食など、その論点は実に様々です。それだけ、関心が高まっているということですから、基本的には良いことでしょう。

続きを読む "日本の公教育"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月17日 (月)

スクールプランニングノート 2019

「スクールプランニングノート 2019 A(小学校教師向け)」

「スクールプランニングノート 2019 B(中学・高校教師向け)」

「スクールプランニングノート2019 M (教頭・副校長・教務主任向け)」

「スクールプランニングノート2019 U (ユニバーサル版)」 (学事出版)

 小学校教師向けのA(以下Aと表記)、中学・高校教師向けのB(以下Bと表記)、管理職向け(以下Mと表記)、ユニバーサル版(以下Uと表記)では、それぞれ表紙の色が違います。

続きを読む "スクールプランニングノート 2019"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧