教養書

2019年10月21日 (月)

微分と積分


『60分でわかる 微分と積分』 (Newton 増刊)」(NewtonPRESS)

 高校を卒業した方なら、どなたでも学んだことのある「微分と積分」。しかし、微分と積分はセットになった数学的な考え方であろうことは、うっすら覚えているものの、「微分・積分とはどういうことか」「それらは何に役立つのか」といったことをきちんと理解している人は、そう多くはないのではないでしょうか。
 微分と積分は、今、わたしたちの暮らしの様々なところで使われています。この考え方を、誰がどう編み出したのか、それによって何が分かるのか、図を中心にして、ていねいに解説しているのが本書です。

 

続きを読む "微分と積分"

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

星の王子さまの天文ノート

星の王子さまの天文ノート」縣秀彦:監修(河出書房新社)

 世界中で楽しまれている、サン=テグジュペリの『星の王子さま』。そのお話と挿絵が至る所に登場する本書。物語を読むように、星空についての知識を深めることができます。表紙も『星の王子さま』を全面に出し、「星にはあまり興味がない」と思う方でも手に取りやすいデザインです。一方で、紹介されている内容はかなり専門的で、詳細です。星の写真は全てカラーで、図を用いて天文現象を解説する章もあります。

 目次をご紹介しましょう。


続きを読む "星の王子さまの天文ノート"

| | コメント (0)

2019年8月19日 (月)

とんでもなくわかりやすい経済の話

父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。」ヤニス・バルファキス:著/関美和:訳(ダイヤモンド社)

 本書の帯の見返し部分には「読み終えた瞬間、世界が180度変わって見える」と書いてありました。それはちょっと大げさにしても、一見難しそうな「経済」に対して、普通の人でもわかるような説明、それも、他の経済学者はあまりしなさそうな説明を展開することで、読者の思考を刺激してくれる本である、とは言えそうです。

続きを読む "とんでもなくわかりやすい経済の話"

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月)

お笑い芸人の言語学

「お笑い芸人の言語学: テレビから読み解く「ことば」の空間」吉村誠:著(ナカニシヤ出版)

 タイトルを一見すると、娯楽色の強い気軽な本というイメージを持つ方がいるかもしれません。しかし、本書は、話し言葉について考えるために、重要な示唆をいくつも与えてくれています。
 著者は大学教授であり、「M-1グランプリ」を創設したプロデューサーという経歴を持っている方です。「はじめに」では、本書を次のように一言で言い表しています。

 

続きを読む "お笑い芸人の言語学"

| | コメント (0)

2019年3月18日 (月)

座右の古典

「座右の古典」鎌田浩毅:著(ちくま文庫)

 本書は、現代人の人生の指針となるような必読古典50冊を厳選し、その1冊ずつについて、ポイントを絞って解説した本です。この解説の手法が素晴らしく分かりやすくて感動します。
 取り上げられている50冊のそれぞれは、次のような構成で紹介されています。しかも、ほとんどの紹介文が7ページという短さ。名著の内容が楽に頭に入ってきます。

続きを読む "座右の古典"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 4日 (月)

世界一「考えさせられる」入試問題

「オックスフォード&ケンブリッジ大学 世界一「考えさせられる」入試問題:「あなたは自分を利口だと思いますか?」 」ジョン・ファーンドン:著/小田島恒志・小田島則子:訳(河出文庫)

 本書は、実に奇妙な本です。タイトルが「入試問題」となっている通り、オックスフォード大学およびケンブリッジ大学で実際に出された問題と、その解答(著者なりの解答)が提示されています。

続きを読む "世界一「考えさせられる」入試問題"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

精神科医はどのように話を聴くのか

「精神科医はどのように話を聴くのか」藤本修:著(平凡社)

 本書はまさしく、タイトル通りの本です。では、精神科医の聴き方に関する専門書かと言えば、そうではありません。あくまでも一般向けの聴き方の本です。
 一般向けなのに、なぜタイトル通りなのでしょうか。その秘密は、本書の「あとがき」にありました。少し長いですが、引用してみます。

執筆当初は、読者の方々に「精神科医の聴く技術」が日常会話や悩みの相談にどのように役立つのかといった観点から、書き進めていこうと考えていました。ところが、精神科医はこころの病気を診断し、患者さんと一緒になってこころの病気を治療していくために話を聴いていくのです。人生の相談に意見したり、悩みの相談に対して共に悲しんだり、怒ったりするのとは異なる、語り聴く関係があることに、改めて気がつきました。
 そのために、本書は、精神科医が何を考え、何を知ることを求めて話を聴いていくのかを紹介するような内容になりました。精神科医は、聴くことを通してこころの病気をどのように診療していくのかについて、その場面を具体的に示すことができたと思っています。

続きを読む "精神科医はどのように話を聴くのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

ろんりパズル

Newtonライト「ろんりパズル ―論理的思考が養われる,30の謎解き問題―」(ニュートンムック)

 本書は科学雑誌『Newton』からスピンアウトしたような、企画の「Newtonライト」シリーズの中の一冊です。『Newton』の別冊などに収録された、数学系のパズルを再編集したものだそうです。タイトルが「ろんり」となっているのは、数学や論理学で言うところの「論理」とは、ちょっと違って「論理っぽいことを楽しむ」くらいの意味が込められていると思います。

続きを読む "ろんりパズル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

サクッと書けちゃう!文章レシピ60

「サクッと書けちゃう!文章レシピ60」飯間浩明・山田由佳:著(新星出版社)

 世の中に、文章作成の本は数多く出版されています。これは言い換えれば、それだけ多くの方が文章作成に困っている、ということになるでしょう。ではなぜ、多くの人が困っているのか。それには、大きく二つの原因があると思います。

続きを読む "サクッと書けちゃう!文章レシピ60"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

未来の年表

「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」河合雅司:著(講談社現代新書)

 「未来予測なんてあてにならない」と思われている方がいるかもしれません。しかし、本書に書かれた「未来」は、主に「日本の人口が急激に減る」「高齢者が激増する」というデータに基づいた「事実」です。
 タイトルが「年表」となっている通り、本書では、年表風の章立てになっています。その見出しを読んでいくだけでも、かなり衝撃的です。そのいくつかを紹介しましょう。

続きを読む "未来の年表"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧