ビジネス書

2019年12月16日 (月)

思考法図鑑


思考法図鑑 ひらめきを生む問題解決・アイデア発想のアプローチ60」株式会社アンド:著(翔泳社)

 タイトルの通り、多くの思考法が基本的に見開き構成で、しかもカテゴリ別に紹介された「図鑑」です。思考法を図鑑にするという発想は、なかなか斬新ですし「そんなこと、可能なのか?」という思いもいたします。
 しかし、本書を眺めてみると、確かに図鑑になっていました。まずは目次をご覧ください。

  • 第1章 思考の基礎体力を高める(10種)
  • 第2章 アイデアの発想力を高める(12種)
  • 第3章 ビジネス思考力を高める(12種)
  • 第4章 プロジェクトの推進力を高める(13種)
  • 第5章 分析力を高める(13種)

 

続きを読む "思考法図鑑"

| | コメント (0)

2019年9月30日 (月)

「ない仕事」の作り方


「ない仕事」の作り方 (文春文庫)」みうらじゅん:著(文春文庫)

 「人工知能の進展で、今ある職業の多くが将来消失する」などという言説がよく聞かれるようになりました。それを受けて、「AIに負けない」といったタイトルの本をずいぶん見かけるようになりました。
 けれども「今ある仕事がなくなってしまう。さあどうしよう」ではなく、「今は存在しない仕事を作り出したら面白いかな」と考えた方が、人生、楽しいのではないでしょうか。本書は、おそらく、そんな考えた方で書かれた一冊です。

 

続きを読む "「ない仕事」の作り方"

| | コメント (0)

2019年7月29日 (月)

テクノロジー見るだけノート

「これからのビジネスマンに絶対必要な教養 テクノロジー見るだけノート」山形浩生・安田洋祐:監修(宝島社)

 このところ学校のICT化が急速に進展しようとしています。テクノロジーの進化というと、このICTが話題になりがちですが、実は現代では様々なテクノロジーが急速な進化を遂げています。宇宙開発技術、人工知能、人体機能拡張技術、医療技術、フードテックなどなど。これらは密接にビジネスと結びついています。
 本書はそうした技術を、できるだけ広く、しかも分かりやすく取り上げています。

続きを読む "テクノロジー見るだけノート"

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

「また会いたい」と思わせる気づかい

 

「慶応卒の落語家が教える 「また会いたい」と思わせる気づかい」立川談慶:著(WAVE出版)

 本書は「気づかい」の本です。
 とはいえ「気づかいは疲れるからいやだ」「できれば、気づかいしないで生きていきたいのに」といった感想を持つ方も多いでしょう。しかし、本書で一貫して述べられている「気づかい」は、一般に流通している「気づかい」とは、だいぶ意味や位置づけが異なります。

続きを読む "「また会いたい」と思わせる気づかい"

| | コメント (0)

2019年2月25日 (月)

ビジネス書図鑑

「見るだけでわかる! ビジネス書図鑑」グロービス/荒木博行:著(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

 「すぐれたビジネス書を読んで、自らの研鑽に役立てたい」とおっしゃる先生は少なくありません。とはいえ、ビジネス書も星の数ほど出版されており、選ぶのが難しい現状があります。では、定評のあるビジネス書ならよいかと言うと、今度は専門的すぎて、あまり参考にならないという経験をされている方がいらっしゃるのではないでしょうか。
 おそらくビジネス界でも、同様の悩みを抱えた人は多いのでしょう。本書は帯に、

続きを読む "ビジネス書図鑑"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

吉井理人 コーチング論

「吉井理人 コーチング論: 教えないから若手が育つ」吉井理人:著(徳間書店)

 著者の吉井理人さんは、プロ野球・メジャーリーグの選手を経て、2018年現在、北海道日本ハムファイターズの投手コーチをされています。北海道日本ハムファイターズは、メジャーリーグで活躍しているダルビッシュ有選手や、二刀流で有名な大谷翔平選手が所属していたことでも有名な、パシフィック・リーグの強豪球団です。

続きを読む "吉井理人 コーチング論"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

聞くスキル聞き出すスキル

「聞くスキル聞き出すスキル 顧客の心理を読み解く」藤木健:著(リックテレコム)

 本書の著者は、コールセンター(企業のお客様窓口)の運営管理に関わってきた方です。コールセンターの仕事というと、一般には「客からの問い合わせに応える仕事」つまり「説明する仕事」というイメージを持たれている方が多いかも知れません。
 しかし、実は層ではありません。本書の紹介文には、次のようにありました。

続きを読む "聞くスキル聞き出すスキル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

なぜ与太郎は頭のいい人よりうまくいくのか

「なぜ与太郎は頭のいい人よりうまくいくのか 落語に学ぶ「弱くても勝てる」人生の作法」立川談慶:著(日本実業出版社)

 少しでも落語に親しんだ人なら「与太郎」という言葉を聞いたことがあるでしょう。一般的には、賢くない上にドジで間抜けな登場人物として描かれています。しかし、その「与太郎」が「うまくいく」というのが本書のタイトル。その上、サブタイトルには「弱くても勝てる」となっています。

続きを読む "なぜ与太郎は頭のいい人よりうまくいくのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

夢のあきらめ方

「クランボルツに学ぶ 夢のあきらめ方」海老原嗣生:著 (星海社新書) 新書

 夢を実現する方向の書籍がほとんどの中、本書は「あきらめ方」というタイトルですから目を引きます。とはいえ、あきらめるのに方法論など必要ないよ、と思われる方がほとんどでしょう。お察しの通り、このタイトルはいわゆる「釣り」です(笑)。

続きを読む "夢のあきらめ方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

伝わるイラスト思考

「一瞬で心をつかむ― 伝わるイラスト思考」松田純:著(明日香出版社)

 タイトルには「イラスト思考」とあり、帯には「日本発のビジュアルシンキングメソッド。」と書いてあります。このことから、本書を手にした方は、思考法について書かれた本かと思うことでしょう。

続きを読む "伝わるイラスト思考"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧