児童書

2017年11月20日 (月)

むかしのこども

「むかしのこども」五味太郎:著(ブロンズ新社)

 絵本選びのポイントは、いくつもあります。その中で、最も簡単で最も確実なポイントは、発行年月日の古さです。書店の棚に限りがある以上、いくら返品可能とはいえ、発行された書籍を無限に置いておくことは不可能です。それゆえ、長年書店に置かれ続けている絵本は、それだけずっと評価されてきた本と言えます。

続きを読む "むかしのこども"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

算数の図鑑

「算数の図鑑: 小学生のうちに伸ばしたい数&図形センスをみがく」キャロル・ヴォーダマン:著/子供の科学:編集(誠文堂新光社)

 本書は書名の通り、算数で扱う数と図形の内容をイラストと文章で説明した「図鑑」です。
 もともとは、イギリスの出版社(ドーリング・キンダースリー社)が出版したものなので、日本の学習指導要領を超えた内容もあります。

続きを読む "算数の図鑑"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

窓を広げて考えよう

「窓をひろげて考えよう 体験!メディアリテラシー」下村健一:著 艸葉よしみ:企画/構成(かもがわ出版)

 メディアリテラシー教育について、書籍の執筆だけでなく、様々な取り組みをしている下村健一さんによる絵本です。本書を貫くキーワードは3つ。
「まだわからないよね?」
「他の見え方もないかな?」
「隠れているものはないかな?」

続きを読む "窓を広げて考えよう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

小学8年生第2号

「小学8年生 VOL.2 2017年 06 月号」(小学館)

 創刊号の出来映えがすばらしかったので、今回は発売(4月末)された後、すぐに購入しました。

 今回の特集は「消しゴムはんこ」です。付録に消しゴムがついているのは当然として、

  • はんことして削り出すための専用カッター
  • 絵柄を整えるためのトレーシングペーパー
がついているという親切さが目を引きます。もちろん、本誌には、「消しゴムはんこ名人」による、作り方指南も掲載されていました。

続きを読む "小学8年生第2号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

どうぶつ句会

「どうぶつ句会」あべ弘士:著(学習研究社)
「どうぶつ句会オノマトペ」あべ弘士:著(学習研究社)

 句会とは「俳句を作って互いに発表する会」のこと。ですから本書は、動物たちが互いに俳句を作って発表し合う様子を描いた絵本です。

続きを読む "どうぶつ句会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)

小学8年生

「小学8年生 2017年 03 月号」(小学館)

 発売前から話題になっていたこともあり、発売(2月末)と同時に購入しました。
 少し前に「小学○年生」などの学年誌が、一年生を除いてすべて休刊になるというニュースを見ていたので、てっきりそれに置き換わるものだと思っていたのですが、実は、この雑誌は試験発売みたいな位置づけなのだそうです。
 そういうレア感もあってか、この「創刊号」は、なかなか考えられた編集が成されていました。

続きを読む "小学8年生"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

ビスケットであそぼう

「ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング」合同会社デジタルポケット/原田康徳/渡辺勇士/井上愉可里:著(翔泳社)

 小学校にプログラミング教育が導入されることを受けて、このごろ子供向けのプログラミングの本が多数発行されています。そのスタンスは、これまた多数出されている子供向けのプログラミング環境を解説したものから、本だけでプログラミングの考え方を理解させようとしたものまで、実に様々です。

続きを読む "ビスケットであそぼう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月12日 (木)

おには うち!

「おには うち!」中川ひろたか作 村上康成:絵(童心社)

 子供たちが野球をして遊んでいると、見慣れないこども「にお」くんがじっと見ています。一緒に遊んでみると、大活躍の「にお」くん。

続きを読む "おには うち!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月31日 (月)

レモンをお金にかえる法

「新装版 レモンをお金にかえる法 ”経済学入門”の巻」ルイズ・アームストロング:著/ビル・バッソ:絵/佐和隆光:訳(河出書房新社)

「新装版 続・レモンをお金にかえる法 ”インフレ→不況→景気回復”の巻」ルイズ・アームストロング:著/ビル・バッソ:絵/佐和隆光:訳(河出書房新社)

 本書の帯には「絵本で読む経済学のしくみ」と書いてあります。まさに経済学の入門書です。絵本という形式を使い、子供にも分かるように書いてあるものの、決して子供向けというわけではありません。レモンを媒介として端的に説明されている、経済の仕組みは、大人でも「なるほど」がずいぶんあるかと思います。

続きを読む "レモンをお金にかえる法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月26日 (月)

わたしが外人だったころ

「わたしが外人だったころ (たくさんのふしぎ傑作集) 」鶴見俊輔:著/佐々木マキ:絵(福音館書店)

 哲学者、評論家として名高い鶴見俊輔さんが書いた絵本です。幼い頃にアメリカに渡ったときのこと、戦争中に「戦時交換船」で帰国してからのことなどを自伝的に語る中で、「戦争とは何か」「外人とは何か」「地球に生きるとはどういうことか」ということについて考えています。

続きを読む "わたしが外人だったころ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧