雑誌

2019年3月19日 (火)

総合教育技術2019年04月号

「総合教育技術2019年04月号」(小学館)

 今月は、新年度第一弾ということで、「2019年度年間計画&スタートダッシュ!特大号」と銘打たれています。

 まず巻頭インタビューは岡野雅行さん。サッカー元日本代表にして、現在ガイナーレ鳥取の代表取締役GMを務めています。高校時代からの経験を通じ「逆境でもあきらめずにやり続ければ、チャンスが来る」という言葉には説得力がありました。

総力大特集は、「あと1年!新学習指導要領 全面実施までのチェックポイント」です。新学習指導要領へ向けた情報共有の道筋や、各教科における移行のポイントが、識者によって語られていました。

 

続きを読む "総合教育技術2019年04月号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月22日 (金)

総合教育技術2019年03月号

「総合教育技術2019年03月号」(小学館)

 今月の総力大特集は「移行期2年目に備える!新年度への準備と引き継ぎ」です。新学習指導要領の本格実施を前に、移行期1年目をどう振り返り、新年度にどう生かすか、という視点で、校長、副校長・教頭、ミドルリーダー、役職別にそのポイントを解説しています。チェックリストなどもあり、具体的な内容です。

続きを読む "総合教育技術2019年03月号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

総合教育技術2019年02月号

「総合教育技術2019年02月号」(小学館)

 今月の総力大特集は「英語教科化の今こそ考えたい 国語教育の改善と充実」です。
 外国語を学ぶだけでなく、すべての学習の基盤となる国語教育のあり方について、識者の提言、全国の実践レポートなどを通じて考えています。新しい学習指導要領における国語科の目標やポイントを整理するとともに、具体的な方策が見える構成となっています。

続きを読む "総合教育技術2019年02月号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月21日 (金)

総合教育技術 2019年01月号

「総合教育技術 2019年01月号」(小学館)

 今月の総力大特集は「すべての子どもを幸せにするインクルーシブ教育」です。
 子どもの多様性を受け止める学校をどう築くかというテーマの下、パート1では、「新学習指導要領時代のインクルーシブ教育のあり方」と題して、識者の提言を掲載しています。インクルーシブ教育というと、特別支援教育の専門家が行うこと、と考えがちですが、そうではなく、ひと味違った視点で語られています。
 パート2では、全国の実践例を4本紹介しています。取り上げられているのは、授業に視点をあてたもの、学校のシステムを紹介したものなど、幅広い事例です。

続きを読む "総合教育技術 2019年01月号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

総合教育技術 2018年12月号

「総合教育技術 2018年12月号」(小学館)

今月の総力大特集は「『総合』『特活』を活かしたカリキュラム・マネジメント」。
 2020年の新学習指導要領全面実施に向け、「総合的な学習の時間」と「特別活動」を軸にして、教科横断的なカリキュラム・マネジメントのありかたを探ろうという企画です。今回の学習指導要領のポイントとなる「資質能力」という考え方は、総合的な学習の時間が入って来たときから志向されていた学力観です。
 これを全教科で展開していくには、総合を軸にするのが分かりやすいということで、教科調査官→視学官として総合的な学習の時間を主導してきた田村先生のお話と、全国の小中学校の実践事例が掲載されています。

続きを読む "総合教育技術 2018年12月号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

間違えないプログラミング教育

「新学習指導要領時代の間違えないプログラミング教育 総合教育技術 増刊」(小学館)

 本書は、総合教育技術誌に連載されている、堀田龍也先生のコラムの約1年分をまとめて再掲載しながら、新規の取材を元にして、大幅に加筆した増刊号です。プログラミング教育の具体的な事例やヒントが、多数収録されています。
 堀田龍也先生の監修をいただきながら、このブログを書いているワタクシが、全面的に構成を担当しました。プログラミング教育に関する様々な考え方や事例を取りそろえています。必ずやご満足いただける内容になっているかと思います。

続きを読む "間違えないプログラミング教育"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

総合教育技術 2018年11月号

「総合教育技術 2018年11月号」(小学館)

 総力大特集は「いま求められる教師教育」。大都市圏では一段落したとはいえ、日本の多くの地域では、これから教師の大量退職時代を迎える。若手が急増する中で、その教育はどうしたらよいのか。その問題について、有識者や現場からのレポートが並んでいます。
 どれも興味深く読めるものではありますが、惜しむらくは、大学の教員養成課程で、まさに教師を指導されている先生の生の声がなかったこと。採用後の教師の育成は、確かに自治体の役割とはいえ、そもそも教員免許を取得する段階で、どのような教育をすべきか、そこからが問われているのが、現代の教育問題なのではないか、という気がするので、ちょっと物足りない印象がありました。

続きを読む "総合教育技術 2018年11月号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

総合教育技術10月号

「総合教育技術10月号」(小学館)

 今月の総力大特集は「学校働き方改革最前線!」です。中央教育審議会で進む議論のポイントや課題について、中教審・働き方改革特別部会委員である妹尾昌俊氏が語っています。
 さらに、勤務時間の管理・部活動改革・教職員の意識改革・外部スタッフの活用・ICTの活用など、改革の具体策について、管理職や教育委員会の方が、それぞれ具体的を挙げて考え方を紹介しています。

続きを読む "総合教育技術10月号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月)

総合教育技術 2018年 9月号

「総合教育技術 2018年 9月号」(小学館)

 今月の総力大特集は、「新学習指導要領の理念を実現する校長のマネジメント力」です。
 社会に開かれた教育課程、カリキュラム・マネジメントなど、新しい学習指導要領には、校長のリーダーシップやマネジメント力が問われる中身が多数あります。特集では、研究者の提言とともに、多数の校長先生が登場しています。
 現役校長として、こうした記事に登場するのは、なかなか勇気のいることだと思われます。それだけに説得力のある提言がなされていました。

続きを読む "総合教育技術 2018年 9月号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

総合教育技術 2018年 8月号

「総合教育技術 2018年 8月号」(小学館)

 今月の総力大特集は「小中接続を意識した 新学習指導要領時代の英語教育」です。
 新学習指導要領では、小学3年生から中学校まで、つごう7年間に渡って外国語教育(事実上英語)が行われることになりました。2020年からは、検定教科書も導入されます。
 そのカリキュラムづくりや授業実践のポイントを、識者の提言や全国の小中学校の実践事例から解き明かしています。実践事例がかなり豊富に取り上げられているので、かなり参考になるのではないでしょうか。

続きを読む "総合教育技術 2018年 8月号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧